1/87の底辺サラリーマンの個人ブログ

MINITORU87

大相撲三月場所(大阪)をチルトシフト撮影してみた

投稿日:

お仕事お疲れさまッス!1/87の底辺サラリーマン(@minitoru87)です。

ミニチュアアートだけじゃなくチルトシフト撮影にどっぷりハマった自分。今度は風景だけでなくスポーツもチルトシフト撮影してみたいと思いました。

そこでふと思いついたのが相撲です。ちょうど今月から大坂で大相撲三月場所が始まります。

これは行かないと絶対に後悔すると感じて、後日ネットでチケット購入をしました。チケット販売開始されてすぐに売り切れ続出で驚きました。相撲ってこんなに人気あるんだね。

座った席はテレビカメラがすぐ近くにある2階の椅子Cに座りました。近くで撮影するとミニチュアっぽく見えないから、一番遠くで全体を撮影できる場所を選びました。

13時から会場入り。

初めて相撲会場に入っての感想は椅子がとにかく狭い。側に座ってる人と肩が当たる。落ち着いてビールも飲めませんでした(笑)

また周囲にはカメラを持って撮影してる人が多かったことに驚きました。あと観光客も凄い数でした。

チルトシフト撮影はまだまだですが見てって下さいませ(笑)


土俵入りするこの瞬間が一番のシャッターチャンス!お相撲さんが集まる土俵は圧巻でした。絵になりますね~。


中入りという休憩時間があり、幕内取組が始まります。テレビで見るよりも迫力ありますね。あと中高年のお客さんが大声で叫んで楽しそうでした。

懸賞旗もシャッターチャンスでした。知ってる会社名が出るとテンション上がりますね。永谷園とかシーチキンとか(笑)


後半になっていくと、人気力士や強豪力士が次々と登場するので撮影を忘れて見てました。ビール飲むペースも早くなる!

左が白鵬です!素人目で見てもこれぞ横綱って感じでした。

全ての取組が終わった後にある弓取り式です。大きな弓を凄い速さで回すので、観客も『お~っ!』て感じでした。

今回は10枚をチルトシフト加工しましたが、実際には1000枚近く撮影してました。撮影の時に片目をつぶって撮影していたので、帰る時には視界の半分がボヤけて見えて気持ち悪かったですね。

来年また三月場所に行こうと思います!来年はチルトシフトの動画撮影なんてやってみたい。

ではまた。

-チルトシフト
-, , , ,

Copyright© MINITORU87 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.